Steamで販売されているサバイバルゲーム「Rust」の非公式日本語Wikiです。毎月のアップデートに合わせて更新をしていきます

ブループリント3.0とは?

2017年10月6日に実装された、ブループリント2.0の進化版

そもそもブループリントとは?(旧版を知らない人はこれを読んでおくように)

ブループリントとは、サーバー参加時は必要最低限のアイテムかクラフトできず、設計図の切れ端(ブループリント)を集めて、一定個数を集めるとランダムでアイテムの設計図が手に入り、それを覚えることによってそのアイテムがクラフトできるようになったり、切れ端を集めることによって設計図のページ→本→図鑑とランクが上がりそれぞれで手に入る設計図は違います。なのでC4のレシピがほしいのであれば設計図の図鑑でないと手に入らないというのが旧版のブループリントシステムです

コンポーネントシステムとどう変わるの?どうすればいいの?


まず初期で作成できるアイテムが限られます。

新しくワークベンチレベル1と2と3が実装されそこでそれぞれのレベルに見合ったアイテムがクラフトできます。
 ※ただし、いきなりワークベンチレベル3を作る事はできずワークベンチレベル2を作るにはワークベンチレベル1が必要ワークベンチレベル3を作るにはワークベンチレベル2が必要となります。

アイテムによって作成に必要なワークベンチレベルが決まっています。(良い銃火器は大体レベル3)

ワークベンチレベルがあってもアイテムのレシピを覚えてないと作ることはできません。覚えるにはワークベンチレベル1で作れるリサーチテーブルを使って、アイテムのレシピを獲得します。

リサーチテーブルでアイテムをリサーチする際はこのアイテムはいくつのスクラップが必要と表示されます。(ここが以前のブループリントシステム2.0との違いで運勝負ではなく必要個数を要求していますね)

ワークベンチでクラフト中はその場を離れるとクラフトがキャンセルされます。

上位のワークベンチで下位のワークベンチコストのアイテムをクラフトすると一部のアイテムのクラフト速度がアップします

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

ゲーム内容

大型採石関連

管理人/副管理人のみ編集できます

閉じる
[祝]Rust製品版化!
無事、Rustを製品版として販売をされました!まだまだ今後もアップデートは続けるとのことですのでWikiのほうは継続をさせていただきます。またWikiの情報もすべて最新の状態に変更していますのでしばらくお待ちいただければと思います!製品版RustでもRust Japan Wikiをよろしくお願いいたします!!