Steamで販売されているサバイバルゲーム「Rust」の非公式日本語Wikiです。毎月のアップデートに合わせて更新をしていきます

応用編で行うこと

Run_DS.batの編集方法
Run_DS.batで追加できるもの及び詳細

Run_DS.batの編集方法

.機璽弌爾亙弔犬討きましょう
当然、サーバーの仕様を変えるため起動したままで編集しても問題はありませんが、万が一のことを考え、セーブをしてサーバーを一回閉じておきましょう。

Run_DS.batをメモ帳で開きましょう。
Run_DS.bat」を右クリックし[編集]で開くとメモ帳の状態で開かれます。開くと画像のような文が出てくると思います。


これがRustのサーバーを起動する大元です。(応用で画像にある上から4行目の[cd steam]から7行目の[cd ..]までの文を消去するとサーバーの起動がものすごく早くなります。ただし毎週のアップデートは手動となります)
どこを編集するの?
先ほどの画像の下から4行目の[RustDedicated.exe・・・・・]のそのあとのところを編集します。例えば[+server.hostname "My Server Name"]これが一括りとなっており[+]が境目となっております。これだとhostname・・・つまり自分のサーバー名を["My Server Name"]の部分を変えればサーバー名が変わるということです。なので追加する場合は半角スペースを空けて[+]の後ろに設定の分を入力するという感じです。

以上で簡単な編集方法を説明いたしました。次はその設定の名称、詳細を紹介いたします。ただし膨大な数があるので活用性があるものだけ紹介いたします。

設定構文一覧


注意:コマンドを入力する際、改行、区分けをしっかりしないとエラーが発生します。例えば+server.hostname Dorosii serverではなく、+server.hostname "Dorosii server"と1区切りにする必要がある。

構文変更例詳細
+server.maxplayers1〜サーバーの最大接続人数を変更できる
+server.hostname英語のみ(日本語もできるが表示されない可能性がある)一般プレイヤーからみられる自分のサーバーの名前を変更できる。複雑な名前にするとエラーが発生し表示されなくなる
+server.identity英語のみ生成するサーバーのファイル名。日本語だとファイル名が文字化けする恐れあり
+server.seed1〜2147483648サーバーのマップのシード値を設定
+server.port28015〜自分のサーバーの解放するポート番号です。複数のサーバーを立てる人は要変更。さらに追加でポート開放が必要
+server.levelProcedural Map/Barren/HapisIsland/CraggyIsland/SavasIsland/SavasIsland_kothサーバーのマップタイプを設定します。それぞれの特性は+αマップの種類で
+server.worldsize1000〜6000マップのサイズを変更します。デフォルトは4000
+server.stabilitytrue/false建築物の安定性の設定。falseに設定すると高さ無制限、現実では無理な建築が可能
+server.radiationtrue/false放射線の設定。falseにするとダンジョンの放射線がなくなる
+server.itemdespawn0〜アイテムが地面に落ちた時に消えるまでの時間。デフォルトで180の3分
+server.pvetrue/falsetrueでサーバーをPvEに設定される。文字通りプレイヤーキルが不可能
+server.description英語(日本語も可能だが不安定になる恐れあり)サーバーの説明文
+server.headerimage[URL]サーバーのヘッダー画像を設定することが可能
+server.updatebatch0〜プレイヤーへ読み込ませるエンティティの数値であり、低ければ低いほどプレイヤーの読み込みが早くなるがサーバーへの負荷がよりかかる。デフォルトで128
+server.respawnresetrange0〜ベッドからのリスポーン時間の設定。デフォルトで50、0でノークールタイム

このページへのコメント

wiki管様おへんじありがとうございます。
なんとか解決できたので、一応後続の方の為にかかせてください。
今まで外部ポート開放ツールは「BitComet」を使っていましたが、今回ボート実装のアップデートが入った瞬間から、このツールでのポート開放がはじかれるようになりました。
理由は私は素人なので予想なのですが
いままでBitCometを使ってポート開放が正常にできていたのが、アップデートの何かの変更によって、
BitCometで開けたポート番号28015が、なぜかBitCometが使用している扱いになり、
今回Rustでポート28015を使おうとしたときに
今回のエラー(そのポート番号ではサーバーを建てられません)が出るようになったのだと思います。
日本で紹介されているメジャーなポート開放ツールはすべて相性が悪く使えなかったため
海外で紹介されていた「Rust Admin」というツールを使うことで解決しました。
同じ悩みで鯖立てできない人のお役に立てれたら幸いです。

Posted by 名無し(ID:ZgHiW13Khg) 2018年04月08日(日) 20:44:07

名無し(ID:ZgHiW13Khg) 様 コメントありがとうございます。

たぶんそれはRustのサーバーを動かすプログラムが閉じていなくて2重で起動している状態かと

Posted by Dorosii(Wiki管理人) 2018年04月07日(土) 23:59:59

Couldn't create server on port 28015 (Startup Error)
Couldn't Start Server.
って出るんですけど、これは何が原因でしょうか・・・。

Posted by 名無し(ID:ZgHiW13Khg) 2018年04月07日(土) 13:04:36

名無し(ID:KE9ewSQ6Sg)様 コメントありがとうございます

ゾンビはまだ未実装なのでスポーンさせることModしかできません。

科学者は発生させることができるので、検証用で目の前にスポーンさせたいときは

spawn scientist

サーバーの設定で出現させたいのであれば、コマンドbatのところに

+squadmanager.squad_disable false

を追加してください

Posted by Dorosii(Wiki管理人) 2018年02月19日(月) 18:03:23

設定構文の中で科学者を発生させる類のとゾンビ発生が分からない・・・・・・。あれはMOD?

Posted by 名無し(ID:KE9ewSQ6Sg) 2018年02月19日(月) 01:35:43

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

ゲーム内容

大型採石関連

管理人/副管理人のみ編集できます

閉じる
[祝]Rust製品版化!
無事、Rustを製品版として販売をされました!まだまだ今後もアップデートは続けるとのことですのでWikiのほうは継続をさせていただきます。またWikiの情報もすべて最新の状態に変更していますのでしばらくお待ちいただければと思います!製品版RustでもRust Japan Wikiをよろしくお願いいたします!!