Steamで販売されているサバイバルゲーム「Rust」の非公式日本語Wikiです。毎月のアップデートに合わせて更新をしていきます

オプション画面



: オプションの中での特にメインとなる設定
: ユーザーインターフェース関連
: オーディオ関連
: プレイ操作に関する設定
: 画面設定
: 画質などの設定
: エフェクト関連の設定
: 実験的機能

:オプション



: 右にスライドを動かすと視野角が広くなる
: ゲーム内でコンパスを表示する
: 配信者モードを有効にするとアクセスしているサーバー等が非表示されて、配信者狩り対策ができる
: Steamのフレンドリストに自分のゲームの状態を表示。(無効にするとフレンドから自分が現在プレイしているサーバーが非表示になる)
: 裸の状態での表示設定。「何も表示しない」-「モザイク表示」-「下着を着せる(着せても防御力などに変化はなし)」
: 看板などに書かれている絵を非表示にする。(非表示にすることにより卑猥な絵が写りYoutubeからの規制を受けにくくなる)
: 土台やオブジェクトを破壊した時にバラバラになる残骸の表示する個数。右にスライドするほど、多くの残骸を表示するが処理が重くなる

:UI(ユーザーインターフェース)



: 左に動かすとUIが小さくなる
: 非表示にすると体力ゲージやベルト(下のインベントリ)が見えなくなる
: 画面左に流れるチャットの表示設定
: チームチャットは非表示にするがグローバルチャットは非表示にする
: グローバルチャンネル、チームチャンネルを自動で切り替える
: プレイヤー頭上に表示されるネームタグの表示設定
: ゲームのヒント(画面真ん中下に時々表示される文字)の表示設定
: インベントリ画面で自身のプレイヤーモデルの表示設定

:オーディオ



: Rustすべての音量設定
: ゲーム中のBGM設定
: メインメニューでのBGM設定
: ボイスチャット(聞く側)の音量設定
: ゲームサウンド(銃声や叩く音等)の音量設定
: 楽器(DLC)の音量設定
: ゲーム音を再生するスピーカーの切り替え。右に行くほど高音質で立体的

㊸-1:操作(入力設定/キーバインド[移動])



: 右にスライドするほどマウス感度が高くなる
: オンでY軸を反転
: オンで常にボイスチャットのマイク入力を送り続ける
: MIDIケーブル接続による楽器の操作を有効にする

: デフォルトは「W」で前進
: デフォルトは「S」で後進
: デフォルトは「A」で左移動
: デフォルトは「D」で右移動
: デフォルトは「左シフト又は右シフト押しながら」でダッシュ
: デフォルトは「左Ctrl」で屈む
: デフォルトは「スペースキー」でジャンプ

㊸-2:操作(キーバインド[アクション]/キーバインド[意思疎通])



: デフォルトは「マウス左クリック」で銃の発砲や攻撃など
: デフォルトは「マウス右クリック」で銃のエイムや建築メニューなど
: デフォルトは「E」で木箱を開いたり、ドアを開けたりなど
: デフォルトは「R」で銃の弾や矢などをリロード
: デフォルトは「左Alt」でフリールック
: デフォルトは「F」でヘッドライトや銃に取り付けたアタッチメントの有効

: デフォルトは「V」で押すとボイスチャットが有効になる
: デフォルトは「Enter又はT」でチャットを開く

㊸-3:操作(キーバインド[インベントリ])



: デフォルトは「TAB」でインベントリを開く
: デフォルトは「Q」でクラフトメニューを開く
: デフォルトは「G」でマップを開く
: デフォルトは「1」で一番左のベルトに切り替え
: デフォルトは「2」で左から2番目のベルト
: デフォルトは「3」で左から3番目のベルト
: デフォルトは「4」で左から4番目のベルト
: デフォルトは「5」で左から5番目のベルト
: デフォルトは「6」で左から6番目のベルト
: デフォルトは「7」で左から7番目のベルト
: デフォルトは「8」で一番右のベルト
: デフォルトは「マウススクロールダウン」で次のスロットに切り替え
: デフォルトは「マウススクロールアップ」で前のスロットに切り替え
: デフォルトは「(なし)」でアイテムを一個だけ分ける
: デフォルトは「(なし)」でスタックごとに分ける
: デフォルトは「H」で押しながらマウスカーソルをすると選択された順番で一気にアイテムの移動ができる
: 所持している木材の数
: 所持している金属片の数
: 所持している布の数
: 所持しているスキン一覧
: スキンの更新
: 所持している素材でスキンがランダムで入手できるボックスを作成

㊸-4:操作(キーバインド[楽器])



: デフォルトは「テンキー 6」でAノーツを弾く
: デフォルトは「(なし)」でA#ノーツを弾く
: デフォルトは「テンキー 5」でGノーツを弾く
: デフォルトは「(なし)」でG#ノーツを弾く
: デフォルトは「テンキー 1」でCノーツを弾く
: デフォルトは「(なし)」でC#ノーツを弾く
: デフォルトは「テンキー 2」でDノーツを弾く
: デフォルトは「(なし)」でD#ノーツを弾く
: デフォルトは「テンキー 3」でEノーツを弾く
: デフォルトは「(なし)」でE#ノーツを弾く
: デフォルトは「テンキー 4」でFノーツを弾く
: デフォルトは「(なし)」でF#ノーツを弾く
: デフォルトは「テンキー 7」でBノーツを弾く
: デフォルトは「(なし)」でB#ノーツを弾く
: デフォルトは「テンキー +」で#ノーツを弾く
: デフォルトは「テンキー Enter」でオクターブアップ

㊸-5:操作(キーバインド[その他])



: デフォルトは「F1」で開発用のコンソールを表示
: デフォルトは「(なし)」でバグ報告用の画面を表示
: デフォルトは「N」で手に持っているアイテムを鑑賞する
: デフォルトは「X」で乗り物の座席を変更
: デフォルトは「C」でコンパスの表示切替
: カスタム設定をすべてデフォルトに戻す

:スクリーン



: 画面の解像度を変更
: 画面モードの切り替え 「ウィンドウ」−「フチなしウィンドウ(ボーダーレス)」−「フルスクリーン
: 垂直同期。個人的にはOFFを推奨
: フレームレートの制限数値を決める。基本的には表示しているディスプレイと合わせるので良い
: 上記の設定を変更した時に有効にする(逆に有効にしないで閉じると設定は反映されない)

㊺-1:グラフィック(グラフィック品質)



: 全体の品質設定。数字が大きい程高画質だが、高パフォーマンス
: 日陰などの品質。数字が大きい程リアル。これはお好みで
: 日陰の品質の段階分けという感じ。高い程高パフォーマンス
: 光源の数。多い程よりリアル。これはお好みで
: 水源の品質。高い程よりリアル。これはお好みで
: 水面の反射設定。高い程よりリアルに反射。これはお好みで
: ワールドの反射設定。高い程よりリアルに反射。これはお好みで
: 高い程より細かい影の描写をする。これはお好みで
: 描画する距離。高い程遠くを見れるが高パフォーマンス。※低い程低パフォーマンスだが低すぎると、エアードロップの飛行機が見えなくなるので注意
: 高い程、遠くの風景に影が映るようになる。これはお好みで
: 低いと見る場所によってはテクスチャが荒く、違和感を感じる。しかしパフォーマンスに影響する1つなので、パフォーマンス優先の人は下げることを推奨
: 平らなテクスチャに凹凸感を出す。しかしパフォーマンスに影響する1つなので、パフォーマンス優先の人は下げることを推奨
: 草の上を歩いたときに揺れたりする。これはお好みで

㊺-2:グラフィック(メッシュの品質)



: 煙や銃のマズルフラッシュなどの品質。しかしパフォーマンスに影響する1つなので、パフォーマンス優先の人は下げることを推奨
: 建築物や建物のパーツの細かいところを描画する。しかしパフォーマンスに影響する1つなので、パフォーマンス優先の人は下げることを推奨だが、下げすぎると隙間などの細かいところが描画されなくなってしまうので下げすぎに注意
: 木の品質。変えてもそれほど変化はないのでお好みで
: 木を表示する設定。下げすぎるとヘリコプターなどで移動してる際に描画が間に合わなくなり突然目の前に現れて事故を起こす恐れがあるので下げすぎに注意
: 低いと手前の地形は簡易出来になるが、遠くの山の地形が簡易化されて戦闘面で不利になりやすいのでよほどの事がなければ80以下はお勧めできない
: 低いと地面の草が簡略化されるのだが、低く設定し簡略化しすぎると逆に敵を視認しづらくなるので注意。しかしパフォーマンスにも影響する設定なので自身のスペックと要相談。しかし0はお勧めできない
: 高いと地面の草と一緒に花が表示される。しかしこれは高いと逆に花が邪魔で戦闘に不利になるので、0をおすすめする。パフォーマンスにはさほど影響はしない

:映像効果



: 高いと遠くの建物が滑らかになり低いとギザギザに見える。パフォーマンスに影響する1つなので、パフォーマンス優先の人は下げることを推奨
: 視点を合わせたところはくっきりと映りそれ以外はぼやける。パフォーマンスに影響する1つなので、パフォーマンス優先の人はオフにすることを推奨
: 建物内部とかで影の表示が変わる。パフォーマンスに影響する1つなので、パフォーマンス優先の人はオフにすることを推奨
: 夜などだと特定の光源を見たときに分かりやすく表示される。変えてもそれほど変化はないのでお好みで
: 明るい光源を見たとき、カメラのレンズのような雰囲気を出す。変えてもそれほど変化はないのでお好みで
: カメラを動かしたときに残像感を出す設定。正直、戦闘とかでは圧倒的に不利になりやすいのでオフで良い
: 太陽を見たときに輪っかのようなものを表示する設定。変えてもそれほど変化はないのでお好みで
: 画像をシャープ化しより鮮明に上記のアンチエイリアスを見やすくする。プレイヤーを発見しやすい設定なのでオンを推奨。変えてもそれほど変化はない
: 画像中心は明るく、その周りは暗くなるという設定。変えてもそれほど変化はないのでお好みで

:実験的機能



: 自身が見えていないところの描画を省略する設定。パフォーマンスに影響する1つなので、パフォーマンス優先の人はオンにすることを推奨
: 草に影を表示する。変えてもそれほど変化はないのでお好みで
: 更に細かい影の設定。変えてもそれほど変化はないのでお好みで
: 簡単に例えると、ピアノのペダル入力を有効にするかという設定。使わないのであればオフにしといてよい

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

ゲーム内容

大型採石関連

メンバーのみ編集できます